大阪王将「直火で炒めた炒飯」を食べた感想 香辛料の利いたしっとり炒飯だった

現在は基本的に在宅勤務となっているので、必然的に自宅で食事を摂ることになります。

こんな時は冷凍食品が重宝します。外出すらしにくい状況になっていますからね。

昨年に購入しておいた冷凍炒飯を今更食べたので、その感想でも書いておくことにします。

パッケージ

今回実食したのは大阪王将が販売している「直火で炒めた炒飯」です。

大阪王将「直火で炒めた炒飯」1

容量は600gと大ボリュームです。

一度に完食するのは厳しいでしょうね。

大阪王将「直火で炒めた炒飯」2

裏面には他の冷凍炒飯と同じように調理方法、原材料、栄養成分が記載されています。

大阪王将「直火で炒めた炒飯」3

この冷凍炒飯を一気に食べたら1000kcalをオーバーしちゃいますね。

大阪王将「直火で炒めた炒飯」4

材料は卵、ネギ、たまねぎ、ニンジン、焼豚などが入っています。

普通は炒飯に玉ねぎって入れないような気がするんですけど…

これは少し珍しいかもしれません。

食べた感想

いつもと同じようにフライパンで炒めていきます。

大阪王将「直火で炒めた炒飯」5

結構良い色合いです。さすが大阪王将!!

最後は…完成した炒飯をお皿の上に乗せましょう!!

大阪王将「直火で炒めた炒飯」6

大阪王将「直火で炒めた炒飯」7

大阪王将の実店舗でも炒飯を注文することがあるのですが、それとはまた違う味でした。

店舗で食べる炒飯はあっさりした味わいというイメージです。

でも、冷凍の「直火で炒めた炒飯」は香辛料の味がやや強めでした。

「パラパラ炒飯」ではなくて「しっとり炒飯」というところは共通していました。

店舗と冷凍食品で味が変わるのも面白いポイントでしょうね。

コメント

タイトルとURLをコピーしました