ASAHI「冬のミルク」を舐めた感想 バニラビーンズの香りが際立っていた

仕事帰りは駅のドラッグストアに寄るのが恒例となっています。

そこで少し珍しくて美味しそうな飴を見かけたので購入してみました。

パッケージ

今回購入したのはASAHI「冬のミルク」です。

もうとっくに冬なんて過ぎ去っているんですけどね…

ASAHI「冬のミルク」1

ブルーを基調としたさわやかなパッケージですが、文字と枠が黄金カラーなせいか高級感が漂っています。

北海道産生クリームとマダガスカル産バニラビーンズシードが使用されているんですって。

ASAHI「冬のミルク」2

さらにアップにして見ていきましょう。

ASAHI「冬のミルク」3

栄養成分表示や原材料などをじっくり見ていきます。

ASAHI「冬のミルク」4

1粒16kcalだから問題ないか~…と思っても5粒食べれば80kcalになってしまいます。

飴玉は小さいから少しくらい食べても大丈夫と思い込んで、大量に摂取してしまいがちです。

キャンディやチョコレートみたいなサイズの小さなお菓子の怖いところでしょうね。

ASAHI「冬のミルク」5

加糖練乳、クリーム(北海道産)、濃縮乳…とミルク系の材料が連続しているのが最高です。

何故かこういう原材料を見るだけで興奮してくるんですよね。

ミルク大好きだからかな~…?

舐めた感想

さあ、キャンディを取り出しましょう!!

ASAHI「冬のミルク」6

ブルー+黄金カラーでパッケージと全く同じ色合いです。

ASAHI「冬のミルク」7

キャンディはしっかりしたミルク色をしていて、中にバニラビーンズが入っていました。

バニラビーンズの入ったキャンディなんて初めてではないでしょうか。

バニラの主張が結構強く、まさにアイスクリームのような味わいが楽しめました。

ミルク好きなら必見の一品ですよ。

コメント

タイトルとURLをコピーしました