きた川 牛侍「焼肉弁当」を食べた感想 焼肉店の弁当だけあって高クオリティー

和歌山県の和佐関戸には「きた川牛侍」という焼肉レストランがあります。

今は新型コロナウイルスの影響によって自粛要請がされているため営業が停止されているのですが、その代わりに「焼肉弁当」などお持ち帰り用のメニューが販売されていました。

この「焼肉弁当」がかなり美味しそうだったので、購入してみました。

パッケージ

きた川牛侍「焼肉弁当」のパッケージです。

きた川 牛侍「焼肉弁当」1

600円でこのボリュームは凄いのではないでしょうか。

焼肉だけでなく、キムチなどいろいろなおかずが入っているのもGOODですね。

きた川 牛侍「焼肉弁当」2

製造者は「Meat Factory」となっています。

「Meat Factory」はきた川牛侍の運営元の会社です。

自家製のお弁当ということで、かなり期待できそうです。

食べた感想

さあ、きた川牛侍の「焼肉弁当」を開封してみましょう!!

きた川 牛侍「焼肉弁当」3

焼肉とご飯だけでなく、キムチ、ポテトサラダ、ミニトマト、千切りキャベツ、キュウリ、野菜の盛り合わせ…と様々なおかずが入っています。

きた川 牛侍「焼肉弁当」4

焼肉店だけあって、焼肉の味は最高でした。弁当屋の弁当とは一味違いますね。

そして、キムチも存在感を発揮していました。

きた川 牛侍「焼肉弁当」5

お弁当にキムチが入っているのって珍しいのでは…?

私は基本的に辛い食べ物が苦手なので、少し抵抗がありました。

でも、このキムチは辛くなかったので、美味しく頂けました。

弁当がこれだけ美味しいのだから店内の焼肉はもっと美味しいはずです。

ウイルス騒動が収束すれば、店内で焼肉を満喫したいですね。

コメント

タイトルとURLをコピーしました